修理業者 直ったインターホン

リニューアルに対応

電設設備であるインターホンは、年々進化しています。
最初はただ呼び出しに対して応じるタイプのものが主流でしたが、最近はカメラ付きで来訪者がすぐに分かるようになっているモニター付きに変わってきています。
このモニター付きも数年前はモノクロタイプでしたが、最近はカラータイプのものが登場しています。 続きを読む

現地調査をしてもらう

なかなか分かりづらいインターホンの故障というのは、修理を依頼するタイミングが肝心です。
故障のサインとしては「音がならない」「ノイズがなる」「モニターが映らない」というようなトラブルがあり、この時は一度確認をしておいた方がいいでしょう。 続きを読む

交換のタイミング

修理が必要となる故障は、その物自体がまだ使えることが前提条件にあります。
ですから、物自体の寿命がきてしまうことになれば、部品などの交換で修理をしても使えない状況も考えられます。

これはインターホンにも考えられることであり、だいたいの寿命を見て見ると15年前後であると言われています。 続きを読む

故障の弊害

住宅や事務所というようなところには必ずと言っていいほど設置されているインターホンは、故障してしまうと来訪確認ができなくなってしまいます。
多くの来訪者が来るような所である場合、インターホンの必要性は高いので早い段階で修理が必要だと判断されることでしょう。 続きを読む

Recommended link